« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月21日 (金)

「ホウ。」

私の母は相槌をうつ時、徳島弁の特徴なのか「ホウ。」と言う。関西弁のように「へぇ~。」のあと「そうなん。」とかも言わない。もっとも「ホウ。」だけの相槌は母特有のものかもしれないが・・・。

結婚して半年ぐらいたった頃、実家に帰った時白文鳥のピーちゃんをかまっていると後ろから「なあ。勝。お前、00ちゃん(嫁の名)はちゃんとご飯のオカズとかかまえてくれよん?」と母。「うん、ちゃんとしてくれるなぁ。」「ホウ。」「うん。」「魚とか出してくれるん?」「うん。『秋刀魚焼いてくれ。』言うたら出してくれるで。」「「ホウ。お前が言うたん出してくれるん?」「・・・そうやなぁ。肉とかも。」「ホウ。ほな、昨日の晩は何たべたん?」「ええ?何やったかなぁ・・・。」

「そやけどお前、00ちゃんの実家て魚や肉あんまり食べんのだろ?」「そう言うてたなぁ。」「ほな、実家で何食べてたん?」と小声で訊く母。(何でそこだけ小声やねん?)とツッコミたいのを抑えつつ嫁の祖母が奈良の出でキノコ類が食卓に出ていたという話を思い出し「・・・キノコ。」と応えると「キ、キノコ?!」と得意の「ホウ。」の相槌も忘れるほど驚いた母であった。

      

                グリーンのバナーを押してね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »