« 2008年4月 | トップページ | 2010年1月 »

2008年5月12日 (月)

面白いことは身近にこそある。

広島へ仕事に行った土産に出来上がりのレトルトの広島焼きが売り切れてたので<広島焼き材料セット>を買って帰った。

というのも何ヶ月か前にお好み焼きを作ろうとなったが嫁が作ろうとするのは予め生地とキャベツなどをグチャグチャに混ぜてから鉄板で焼く大阪のお好み焼き。その焼き方も知っているが私の実家は先に薄く生地を丸くひいてから鰹節、キャベツという広島焼きのようなものであったから、そういう焼き方があると言うと「そっちを食べてみたい。」と言う。材料はあったがお好み焼きに必要な大きさの鉄板がないのでフライパンで。コテがないので先があまり平べったくないプラスチックのコテのような物。ひっくり返したのは不細工にはなったが味は良かった。

で、今日の再度挑戦の広島焼きーそばと卵も入れた大阪では<モダン焼き>になるのが本来の広島焼き。ビールを飲んで焼くモードに入ったが肝心の大きな鉄板がない!コテ(2つ)もない!!

実家の母にホットプレートを借りに行くと母は電話中。「ええ?そんな向こうにまで回ってわかめなんか買いに行かへんと言うてるのに・・・。何回も言うてるだろ。」どうやら次女の君ちゃんのようだ。「おかぁちゃん。電話中ごめんやけど、ホットプレート貸してくれへん?」とようやく伝えると「ええ?はい。わかった。」と私に。すぐに受話器へ「お前とそんなに話してる場合とちゃうねん。」「え?!」「勝がな<ホットブラザー>を借りに来とんねん。」が私に聞こえる姉への返事。「そやから、わかめは買えへんと言うてんのに・・・。ほんまに。」とまだ続きます。「今、勝に<ホットブラザー>を出したらなあかんと言うてんのにわからんのじゃなぁ。」「なにが<ストレート>が溜まるやねん?!」「こっちかってな<ストレート>溜まってしゃあないわ!なんもな、お前だけが<ストレート>溜まるんと違うわ!!」お互いが気に病んでる<ストレート>は<ストレス>である。面白いように間違える。

と途中からのしかも一方的な電話内容であったがかなり面白かった。母曰く「もう、お君は訳のわからん話やねん・・・。」とへらへらしてる小言が流石でありました。

                 コメントとクリックよろしくね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

小さな幸せ3

さて、ある日の昼下がり。私の母は実家に居ないが・・・。Pちゃんの卵を捨ててしまわなければ。取り出した4つの卵は母が帰って改たに見せてから埋めようと思っていた。

卵を取り上げられて気がふれたようになるPちゃんの悲しい姿、鳴き声を受け止めるのは飼うと決めた私にある。

仕事から自宅で一服してから実家へ。玄関を開けるとすぐにPちゃんの鳴き声。雰囲気で私とわかるのか・・・?開けてもない向こうから「ちゅん、ちゅん。」と聞こえる。靴を脱ぎながら「P-よ。」と呼ぶ。それに応えるように鳴く。かわいそうであるが(ええ~い。ままよ。)と戸を開け籠を覗いた・・・。

なんと!!4つの卵全部が放り投げられている!!ので下に落ちている!!「Pどないしてん?」何時もと変わりない(何か?)と思えるようなPの動き。「何が気に入らんの~?」と問いかけるが、また(何か?)のように思える仕草。帰って来た母もその様子を見て「もう、(卵を捨てても)ええんちゃうか。」・・・確かにもういいのだろう。翌日にPちゃんを助けてあげた義理の兄さん夫婦も来るので見てもらった。

籠を見るなり「文鳥は子育て下手や言うしな。」と義兄の鈴木さん。「まぁ、しゃあないやん。」とその嫁のまゆみさん。いよいよ卵を出すことに。「ん?この1個、軽いな。あれ?穴開いてるで。中身ないんちゃう?」と義兄。「ウッソー!!」と私とまゆみさん。

「・・・Pが吸うたんかな。」と母。「そんな訳ないやないの!!」とか「なんで鳥が自分の産んだ卵吸うねん?」と賑々しい場面もありましたが・・・。何か寂しく思わせて命は宿ってないPちゃんの卵でしたが・・・。

夜遅くに私は人目につかぬよう埋めてあげました。引っ張ったわりにおそまつでした。

                     おわり。クリックしてね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2010年1月 »